人生は創造する

今の人生に満足していますか?


2020年に行われた、内閣府の人生の満足度に関する調査では3人に1人が「人生、生活に満足していない」と答えています。



現在2022年までの2年間は生活様式が変わったり、日常の至るところで物価上昇などが追い風になり「人生や生活に満足していない」と感じる方は以前より増しているのではないでしょうか?



では自己受容はどうでしょう。




自己受容

 

あなたはあるがまま自分を丸ごと好きですか?


自己受容が高い人というのは人生満足尺度も高く、比例するのです。


「自己肯定感を高める」という言葉を何年も耳にしてきましたが、自分の価値を高めるということは同時に価値の低い部分も表裏一体になってしまうので二元性をうみ、低い部分に蓋をする状態を作り出し兼ねません。



ありのまま、善悪なく、ジャッジのない自分を丸ごと自己受容することが大切になってきます。



これは講座などプログラムでもお話ししていますが、

私たちは例外なく誰しも生後2歳まで保育者との関係性によってある重要なことがプログラミングされるのです。

そして、世代間を超えた細胞の記憶というものも侮れません。



環境は大切ですし、努力や行動も大切です。

ですが、自分という存在のルーツを知ることは、より快適にたったひとつの生命の輝きを、純粋にきらめかしていけるパワーポイントになります。




混迷の時代を生き抜くために

 

混迷の時代・・・とは今がまさにその時。

多くの方々が目にして生きている世界というのは、自我・エゴを成長させ

どんどん大きなものへと創り上げ、あらゆることを見失う

いつしかコントロールのつかない、ざわつく心の持ち主になり

どこか心地の悪さを感じて生きていく。



もしあなたの今がその状態にあったとしても

今から方向性をシフトできます。



それは、たった一つ自分が誰であるかを知ること

平安な心でハートを使って生きていくことです。








平安な心でハートを使う

 

ハートは真実であり愛が宿っています

愛を持って見つめることで、人生に奇跡を起こすことができる。


なぜならハートとは、脳が考えるより先にあらゆることを知っているのです


「この人を好き」と感じた時のことを思い出してください

すきという気持ちは、脳からでなくハートから湧きあがる気持ちですよね?


気(エネルギー)を持っている=気持ち です。


REALTAは障害児療育ヨガを行なっていますが、小学生から高校生までの彼らに「ハートはどこにある?」と尋ねると、全員が胸に両手を合わせます。





レントゲン撮影やMRIなど医学的に「ハート」は写りませんが、誰もがハートの存在を知っています。

ぜひその真実であるハートを使って愛の視点で物事を純粋に捉えていってみてください。


最新記事

すべて表示