検索
  • Kana

ヨガってなに?


Hi〜!

皆さんにとってヨガとはどんなイメージでしょうか?

今回お伝えするのは、ヨガ初心者の方には少し難しくも感じられる事かもしれませんが、ぜひ知って頂けたらと思いドストライクゾーンに直球を投げていきます。

ヨガのイメージ

『ヨガ』にこんなイメージありませんか?

・柔軟な女性が流行りのヨガウエアーを着て、激しい運動は苦手だけど、ゆるい運動としてちょっとお金に余裕があるような人が趣味でやってるフィットネス

・ヨガ仲間を作ってお茶やランチをして日常を楽しむ

・美意識の高い女性だけがやるもの

・カラダが硬いとできないんでしょ?

・女性がやることで、男性がするものではない

ヨガに対するイメージはそれぞれあると思います。実際のところお友達に「ヨガってなに??説明してほしい」と問われたなら

まず第一に心の中でこう思いませんか???

『えっ...何なのかよく分からない...』

『運動?日々の日課?自己満足?』

最終的に口にするのは

「やってたらカラダ柔らかくなるよ!ジムでマシンとかするのはキツイから健康の為にヨガをやってる」

確かに柔軟になるし・健康維持の目的で行うことは良いことですね!

ですが結果的に(よくわからないまま)の部分が残されました。

では実際のところ...

ヨガってなに??

ストレートに答えます。

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.

これがヨガです。

聞いてもなんだか難しすぎて...て方が大半でしょう。

確かにとても奥深いものであります。

たくさんのヨガ流派があります。これから新しいヨガも誕生するでしょう。

何千年もの歳月をかけて存在し続けるヨガ。これからどんなに時代が変化しようと唯一無人でヨガの明確な答えは世の中で1つ。

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.]

そもそもこれが何を意味するのか?...という事です。

世の中で活躍するヨガインストラクターの何%がこの言葉を知っているでしょうか?

100人中15人は知ってて欲しいと願います。

では知っている方の何%がこの意味をわかるのでしょうか?

さらに意味がわかったうえで、分かりやすく説明できる方がどれくらいいるのか?

厳しい現実ですね...

1%いるのかな?と疑問に思うところです。

仮に私が友人から「ヨガって何?詳しく説明してほしい」と問われたら

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.] の説明をし質疑応答したら、それだけで1時間・1時間半は一瞬で過ぎていきます。

その説明はいくらこうして文字を並べても、人がPCと向き合っているだけなので薄い伝わりかたのみになってしまいます。

人は人と向き合い

自分は自分と向き合う事

REALTA YOGAが、大分にありながら本格的でどんなリアルなヨガを発信しているかは

機械の中の文字ではなくやはりマットに立って、初めて自分の内側から感じて頂けると思います。

そこで少しづつ[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.]の理解ができるでしょう。

実体験からお伝えできるヨガ

探究するに連れいつしかヨガに『本物』を求めるようになった。

自然な流れで『本者』の指導者を探すようになった。

自分がヨガ指導を行うにあたり本来の生きたヨガを伝える為に。

そしてやっと見つけた。遠く離れた海外に「本気で本物」を教えてくれる師を。

ヨガの流派の中で一番のハードコアであり、古くインドではカースト制度の最高上位のブラフマンだけに許されたヨガであるアシュタンガヨガ。

やっと辿り着いた先はそのアシュタンガを極め、神と称されるYoko Fujiwara氏でした。(画像:右)

その学びは全てが本物(リアル)!

師に出会うまでは残念ながら、日本で「指導者の呼吸を感じるヨガ」を受けたことは一度もなく

同時にエネルギーの流れを見てくれる先生も

安全で正しいアジャストをしてくれる先生とのご縁もありませんでした。

アシュタンガヨガ界において世界的にもとても珍しい『一生に一度目にすることはできない』と言われるヨガを目の前で見せていただいた時は、ご縁をいただけたこと・自分の恵まれた環境に涙がこみ上げてきました。

神の域まで極めている師ですから、目の前で起こる次元の違うヨガが凄すぎて、最早ヨガなのかさえもわからないほどの世界でした。

ヨガをする側・見ている側・その時のココロも・その場の空間も…まさに

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.]

それまで大分県内外でアシュタンガを学び楽しんでいましたが

亡きグルジから直々に習っているアシュタンガヨガは、今の世の中で学べるアシュタンガヨガとは天と地の差でした。

真髄に触れる…まさにこの言葉。

(余談ですが... 人の腹筋が6つに割れたことを6パックというけれど、師の鎖骨の下に6パック!厳密には7つに割れていた!

さささささ...さこつの下が7つって...どーいうことよ!と最初は衝撃)

そんな実体験を経て、ヨガを楽しんでいる方・これからヨガを学びたい方・これから指導者になりたい方

とにかくヨガを楽しんでやっていきたい方に伝えたい事は

ヨガをする[場所]を選ぶのではなく

[誰]からヨガを学ぶのか?

そこに重点をおいてください。

安全で正しくカラダをみてもらえることが大前提です。

ヨガを深めなくとも、健康維持の一環でされる方も同様です。

安全?危険? ヨガの見極め

そもそもヨガに安全・危険があるだなんて多くの人は考えたことはないでしょう。

実際オーガニックの料理教室で私が伝えていることを例にします。

食の安全性・危険性の知識をまず持つこと(無知ほど恐ろしいものはありません)

食品は、商品を手に取り裏返すと原材料や添加物等の表記がありますね。

食が命をつくります。食が血液・細胞をつくります。

生命力の溢れる食べ物を口にして、自らの命がつくられます。

その逆は農薬・科学肥料で土壌汚染をされた土から作られるものに、生命力はなく人を病気に及ぼす化けた食べ物が育ち上がり

それを口にする者が当然病気になるというサイクルが成り立ちます。

では、それをヨガに当てはめてみましょう。

表記なんてものは存在しませんからそこに(ヨガクラス・インストラクター)の危険性は目に見えてわかりません。

無知な状態で、ただ「良い」と思って継続しているヨガに万が一危険が潜んでいたならば...

健康の目的で長年やったつもりが、結果的には負荷をかけてカラダを痛めて...

それでは時間もお金も無駄となり、健全な肉体をも損ないかねません。

病気と同じですが、蓄積されたものは今すぐでなく後々症状として現れてきます。

指導者が悪意があって危険なことをしているとは限りません。

その指導者が「誰から学んだか」で、当然学びのスキルに差が生じます。

高校や大学のように学校によってスキルの差があるのと同じです。

今の日本には簡単に所得できるヨガ資格が多いのも確かで、スキルアップの機会が増えたことは素晴らしい環境であります。

ですがその資格を安易に使って指導することの危険性はあまり問題視されていないのも現状です。

やはりそこでも「誰」からヨガを学ぶのかは大切な部分です。

あなただけに与えられた、人生という時間。

その時間は限られています。

ココロもカラダも健全でより良い豊かな人生を過ごせますように。

あなたの内側はどんな可能性を秘めているのでしょうねっ!

まだ見ぬ自分...

まずは裸足になって、マットに立ってみなくちゃ!

REALTA YOGA が発信するのは生きたリアルなヨガです。安全で安心してヨガを行えます。

大分のヨガ界は全国的にも低い位置に存在している現状ですが、この大分でもリアルなヨガをココロとカラダで感じることが可能となりました。

さらにはその先をヨガで繋いでいきます!

なんともよく分からない...と思っているでしょう、この

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.]

今日明日でこの本来の意味を理解することは困難です。

ですがヨガとは何か?と言うと

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.]です。

ヨガを愛する全ての方が

[YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.] に一歩一歩近ずいていけるといいですね!

Thank you to all.

Have a good day.

REALTA YOGA STUDIO

by KANA

To: Hawaii

師であるYoko先生に

今日も感謝の気持ちとHappyを!

1滴が1滴として存在する意味をココロに留めて。

    From: Oita


0回の閲覧
矢印

​© 2017 by REALTA YOGA