検索
  • Kana

未来にあるのはプラスのみ


2017年1月 誕生日をここで迎え、新たな1年はここからスタートした。

師匠「ヨーコ・フジワラ」

この名前を見つけた日

「あっ!いた!この人が私にヨガを教えてくれる人なんだ!」とカラダ中に衝撃が走った。

遠く離れた海外・・・

数日しても、1ヶ月しても、「絶対にこの人なんだ!」と強く思い

学びたい一心で、ひたすら、ただひたすら自己鍛錬に勤しんだ。

毎朝4時に起床し冷たいマットに立ち続けた。その気温-2℃

初めて会った時の印象は「うわ〜厳しそう!」

そりゃそうさ、アシュタンガヨガを極めている人だから。

先生から学べる毎日はキラキラして本当に心から嬉しかった。

同時に毎日ビビってた(笑)本気で怖かった。

そこはしっかり裏切られず、厳しかった・・・

心折れそうになったことだってある!

今は

「ヨーコ先生にそんなこと出来るのKanaさんだけですよ〜!普通できないから!」とみんなに言われるほどニュートラルでいる。

そして…2017年11月、帰国の日に突然言われた

「Kanaちゃんさ、これから毎回トレーニングに入って欲しんだわ!」

弟子でいられることだけでも幸せ!

贅沢にも一緒に練習させてもらえる事だけで人生最上級!

ティーチャーチームで毎回・・・のアプローチを!!!!

That's amazing!!

I'm soooooo happy!

このSanghawaiがスタートして4年。

実は「日本のヨガインストラクターを育ててくれないか」とYoko先生を口説くのにかかった歳月は5年という長丁場だったそう。

本物だけを伝える師からのアプローチは最高の瞬間だった!

未来

私の未来には、いつも「プラス」の出来事が待ってくれている。

ビジョンは、必ず形になっている。

だから人生が楽しい。

未来は「偶然訪れたことが形になっていく」のではない。

全て自分がつくりだしていく!

決して綺麗事を並べているわけではない

自分が経験してきたからこそ、自信と真実をもって言えるメッセージ!!

小学6年の時に18歳で海外へ行くことを決め旅立ち…

高校1年の数学授業中に何歳で男の子を出産する!と決め出産し…

余命1年のガン宣告をされ「私は必ず5年生存率を達成する!先生の目の前で生きているから抗がん剤も放射線もしない」と決め…

5年後「いや〜正直ダメ(生きてない)と思ってたよ!こうして目の前で生きてる姿を見れる事は奇跡だよ!」と主治医に言われ

「ねっ!言ったでしょ!必ず生きてるからって」と自分の命にまでも責任をもった。

うちのヨガスタジオでは、希望者にlessonで「ビジュアライゼーション」や「マインドラボ」を取り入れている

それらを行うと、より明確に「ビジョン」が「形」となり未来が確立される。

生徒さんからの相談で多く耳にするのが、「未来にたいしての不安」

人は未来にたいして、自分が生き生きと輝く事よりも不安にかりたたされる事の方が断然多い。

でも、見えないものに対してなぜ不安になるのか?

逆に、未来を見える形にすればなんの不安もないのに…

シンプルな事でありながら、その方法を知らないがゆえにどうしても不安が先立つんだろう。

もっと自分らしく

もっと輝いて

未来を築いてほしい!

限られた生命だから。

Thank you for everything !

心から…

これからどんな未来が待っているのかはまだ分からない。

だけど、その未来には

キラキラと心から輝く自分がいることだけは知っている!


0回の閲覧
矢印

​© 2017 by REALTA YOGA