Yogaで引き締まるBODY

Hi〜!

大分は連日最高気温が29〜30℃で快適な6月。

ん…来月は7月〜‼︎ 夏本番だな‼︎

夏間近になると「夏に向けてダイエット」「今年こそ美しいカラダを手にいれよう」なんてキャッチコピー見かけませんか?

今回は、本来のBODYメイクについてのお話。

効果は見てのとおり

まず比較してください!

2017.05.18

初アシュタンガヨガ

2017.05.29

11days after

フェイスラインがこの変わりよう

首周りもスッキリして鎖骨がキレイ

こちらの女性は人生初のアシュタンガヨガをたった2回(その間11日)行った結果です。

パーソナル(マンツーマンの指導)をうけることで、この変化をすでに手にいれました。

彼女の希望は

①結婚式でドレスをキレイに着たい

②不妊治療をせずスムーズに妊娠できるカラダの基礎づくり

・1回目のパーソナルで「自宅でできる練習」宅練の課題をだしました。

宅練がきついの?…答えはNO!

初心者ですし多くの課題はだしていません。シンプルに1つのみ!

彼女は「楽しみながら無理なく続けられた」と。

・2回目の画像の日は生理前で女性のカラダは1番痩せにくく水分をカラダに多く含んでいる時。それでこの結果!

・外側の変化だけでなく、内側の大きな変化にも喜んでいました!

・食事指導、他運動は何もしていません!医療関係の仕事上、不規則な生活環境です。

自分にベストなカラダ

ヨガで手にいれる

物質的に豊かになりすぎた結果、ヘルスメーターは体重以外にも体脂肪率や骨密度の測定までもを瞬時に行ってくれる高機能製品が当たり前になった世の中です。

実際のところ、筋肉も脂肪も「多い・少ない」の偏った状態ではカラダの機能的には適していません。

カラダにはその人にあった筋肉量・脂肪量というものが絶対的に必要です。

それは、男女・年齢・身長の統計的なことではありません

人はそれぞれ、血液量も違います。

呼吸の深さも違えば、回数も違う。

内臓でいえば、腸の長さだって違います。

世の中には、常に新しいものが生まれ・同時に流行りのものが存在します。

そして情報化社会のため多くの情報で溢れかえり、翻弄されすぎて正しくない情報ですら信用してしまうのが現状ですね。

それはカラダにおいても同じことが言えます。

一般的に耳にするダイエット

ダイエットは理想のカラダをつくるものですが、それは自分の願望にすぎません。

理想をつくるのではなく本来の自分に適したカラダに戻すことです!

一人一人に、適切な脂肪・筋肉・体重というものがあります。

それは生命を維持するためです!

女性で例えると40キロ台が痩せているのでもなく、50キロ台だと太っているものでもないのです。

願望ではなく、自分を最適なコンディションに整えることです。

アシュタンガヨガとは、単にヨガという枠をこえ「生きるそのものに直結するもの」です。

カラダ1つにしても、柔軟性と力強さの両方が必要です。カラダは自然と、自分に適したサイズになってくれます。ただ「痩せた」というのではなく、質のいい筋肉が徐々に備わってきます。

何より内側の変化が最高の喜びです。

彼女はずっと悩まされていた頭痛がなくなり心地よく日常を送れるようになったり、いろんな変化を楽しんでいます。

今からウェディングドレス姿が楽しみです!

I can't wait !

Thank you.

REALTA YOGA

Kana

矢印

​© 2017 by REALTA YOGA